飛ばし屋日記!

競馬、映画、名古屋グランパス、FCバルセロナのことを中心に書いていきます!

GODZILLA〜決戦機動増殖都市〜!

スーパーだった!

アバウトかます映画でした!

風景描写のきれいな映画でした!

いいぞ、やまじかずひろ!

いいぞ、なかいかずや!

いいぞ、ほりうちけんゆう!

いいぞ、みやけけんた!

いいぞ、おざわあり!

いいぞ、うえだれいな!

いいぞ、すわべじゅんいち!

いいぞ、かじゆうき!

いいぞ、すぎたともかず!

いいぞ、さくらいたかひろ!

いいぞ、はなざわかな!

いいぞ、みやのまもる!

用心棒〜4Kデジタルリマスター版〜!

スーパーだった!

アバウトかます映画でした!

風景描写のきれいな映画でした!

アベンジャーズ〜インフィニティ・ウォー〜!

スーパーだった!

アバウトかます映画でした!

風景描写のきれいな映画でした!

ものごとの核心をついた映画でした!

いいぞ、ブラッドリー・クーパー

いいぞ、ヴィン・ディーゼル

いいぞ、クリス・プラット

いいぞ、ジョシュ・ブローリン

いいぞ、ベニチオ・デル・トロ

いいぞ、グウィネス・パルトロウ

いいぞ、ゾーイ・サルダナ

いいぞ、デイヴ・バウティスタ

いいぞ、カレン・ギラン!

いいぞ、ポム・クレメンティエフ

いいぞ、ベネディクト・ウォン

いいぞ、ピーター・ディンクレイジ

いいぞ、イドリス・エルバ

いいぞ、トム・ヒドルストン

いいぞ、セバスチャン・スタン

いいぞ、アンソニー・マッキー

いいぞ、エリザベス・オルセン

いいぞ、ポール・ベタニー

いいぞ、チャドウィック・ボーズマン

いいぞ、トム・ホランド

いいぞ、ドン・チードル

いいぞ、ベネディクト・カンバーバッチ

いいぞ、スカーレット・ヨハンソン

いいぞ、クリス・エヴァンス

いいぞ、マーク・ラファロ

いいぞ、クリス・ヘムズワース

いいぞ、ロバート・ダウニーJr.!

日本対コロンビア戦感想!

日本は、

大迫のゴール中央からの左足グラウンダーシュートのこぼれ球を香川がゴール中央から左足シュートしたシーン、

香川がPKを右足グラウンダーシュートしてゴール右に決めたシーン、

乾がゴール左から右足グラウンダーシュートしたシーン、

大迫がゴール左から右足シュートしたシーン、

大迫がゴール左から左足グラウンダーシュートしたシーン、

乾がゴール左から右足シュートしたシーン、

柴崎の右サイドからのフリーキックの右足クロスを吉田まやがファーサイドでヘディングシュートしたシーン、

酒井ひろきがゴール右から右足グラウンダーシュートしたシーン、

本田がゴール右から左足グラウンダーシュートしたシーン、

本田の左コーナーキックの左足クロスを大迫がニアサイドでヘディングシュートして右ポストに当たって低く決めたシーン、

酒井ひろきの右サイドからの右足クロスを大迫がゴール前でヘディングシュートしたシーンが印象的でした!

コロンビアは、

ファルカオがゴール前で左足シュートしたシーン、

キンテロがゴール右から左足シュートしたシーン、

クアドラードがゴール右から右足グラウンダーシュートしたシーン、

ファルカオがゴール前で右足シュートしたシーン、

キンテロがゴール右からのフリーキックを左足グラウンダーシュートしてゴール右すみに決めたシーン、

ハメス・ロドリゲスがゴール右から左足シュートしたシーンが印象的でした!

日本は、

柴崎のゲームをつくる正確なパス、

大迫のチャンスをつくるポストプレー

センターバックの吉田まや、昌子を中心とした守備がよかった!

サイドのミッドフィルダーの乾と原口はサイドからのカットイン(サイドから中央にドリブルして)からのシュートをもっと打つとよかった!

日本は、

途中出場した本田がアシストしたり、

守備の強い山口蛍を途中出場させたりして

選手交代がうまくいったなー!

日本は、

コロンビアのカルロス・サンチェスが前半3分にハンドでレッドカードで退場になったのがラッキーだった!

コロンビアは10人になってからの戦い方がうまいなー!

2対1で日本が勝利だー!

名古屋グランパス!

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、いずみりゅうじエーオー、いずみりゅうじエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、はったんだこうへいエーオー、はったんだこうへいエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、ランゲラックエーオー、ランゲラックエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、ジョーエーオー、ジョーエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、はたおひろとエーオー、はたおひろとエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、うちだけんたエーオー、うちだけんたエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、かじやまかんたエーオー、かじやまかんたエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、おしたにゆうきエーオー、おしたにゆうきエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、おおがきゆうきエーオー、おおがきゆうきエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、しぶやつばさエーオー、しぶやつばさエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、あおきりょうたエーオー、あおきりょうたエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、はせがわアーリアジャスールエーオー、はせがわアーリアジャスールエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、ふかほりしゅんぺいエーオー、ふかほりしゅんぺいエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、みやはらかずやエーオー、みやはらかずやエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、さとうひさとエーオー、さとうひさとエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、くしびきかずきエーオー、くしびきかずきエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、あらいいっきエーオー、あらいいっきエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、ワシントンエーオー、ワシントンエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、すがわらゆきなりエーオー、すがわらゆきなりエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、あきやまようすけエーオー、あきやまようすけエーオー、

ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、こばやしゆうきエーオー、こばやしゆうきエーオー、ナッゴヤアレー、ナッゴヤアレー、アレアレオーアレー、ナッゴヤアレー、シャビエルオーレ、シャビエルオーレ、ナッゴヤアレー、オーたけだー、オーたけだー!